ポイントを使う


グリーン住宅ポイント制度を利用するには2段階の申請が必要となります。ポイントが付与されたら、次に行うのが「ポイント交換申請」です。

ポイント利用の種類

商品との交換に利用する(商品交換)

以下の政策テーマに該当する商品と交換できます。
 
対象となる申請区分

 

  • 「新たな日常」に資する商品
  • 省エネ・環境配慮に優れた商品
  • 防災関連商品
  • 健康関連商品
  • 家事負担軽減に資する商品
  • 子育て関連商品
  • 地域振興に資する商品

一定の要件に適合する追加工事との交換に利用する(追加工事交換)

以下に該当する追加工事(グレードアップ工事を含む)の代金に充当できます。
 
対象となる申請区分

 

「新たな日常」に対応した追加工事

  • ワークスペース設置工事
  • 空気環境向上工事
  • 家事負担軽減に資する工事
  • 音環境向上工事
  • 菌・ウィルス拡散防止工事
防災に対応した追加で工事

  • 停電・断水対策
  • 地震対策(躯体に関する耐震対策を除く)
  • 水害・台風退散

ポイント利用のスケジュール

商品交換

ポイント通知に記載された「個人ID」と「パスワード」を入力して、交換商品サイトにログインすると商品交換の申請ができます。2021年6月1日より受付が開始されています。

※表は横スクロールできます。

商品交換申込締め切り 2022年1月15日
新築住宅の建築・購入 それぞれの要件により
算出した獲得ポイントを利用可能
既存住宅の購入
リフォーム工事
賃貸住宅の建築

※「賃貸住宅の建築」は、商品への交換は対象外です。

追加工事交換

対象工事の完了前にポイント発行申請を行った方は、工事の完了後に完了報告をする必要があります。

※表は横スクロールできます。

完了報告締め切り 2022年1月15日 2022年4月30日 2022年10月31日 2023年4月30日
新築住宅の建築・購入 追加工事を伴う 戸建住宅 階数が10以下の共同住宅等 階数が10以下の共同住宅等
既存住宅の購入 ※完了前にポイント発行申請を行うことはできません。
リフォーム工事(税込1,000万円以上) 追加工事を伴う 戸建・共同住宅等
(耐震改修なし)
階数が10以下の共同住宅等
(耐震改修を伴う)
階数が11以上の共同住宅等
(耐震改修を伴う)
賃貸住宅の建築 全ての申請

※完了報告の提出を行わない場合、利用済みのポイントについて返金を求められます。

グリーン住宅エコポイント制度の最新情報およびポイントの申請や発行、商品交換申請などの詳細については、グリーン住宅ポイント事務局のホームページでご確認いただけます。

https://greenpt.mlit.go.jp/

更新日:

Copyright© グリーン住宅ポイント交換商品ビローノ , 2021 All Rights Reserved.